マンション 新築 中古どっち? | 滋賀の中古マンション情報サイト ハウスセゾン南草津店

マンション購入コラム l 2018年5月9日

マンション 新築 中古どっち?

ブログメインイメージ

マンションを購入するなら新築と中古マンションのどちらが良いと思いますか?新築、中古それぞれにメリット・デメリットがあります。それについて以下にて解説させていただきたいと思います。なお個人的な見解です。参考程度にお考えいただけると幸甚です。

新築マンションのメリットとデメリットについて

メリット

  • 新築であること
  • 住宅ローン控除、不動産取得税、固定資産税の軽減措置がある。
  • 最新設備が導入されているケースが多い。
  • 間取りを選べる
  • 設備のオプションを選べる
  • 駐車場を確保しやすい。
  • 入居を急いでいない場合はスケジュールを考えやすい。

デメリット

  • 価格が高い
  • 売却をするときに購入額との差額が大きい
  • ほとんどの場合、完成前に契約をしなければならばい
  • 購入前に実際の建物や部屋、眺望や日当たりなどが確認できないことが多い
  • 将来的に管理費、修繕積立金が購入時より値上がりすることが多い
  • 管理状況がはっきりわからない
  • 居住してからの耐用年数が長い

中古マンションのメリットとデメリットについて

メリット

  • 新築に比べると価格が安い
  • 売却する場合に購入額との差額が少ないケースが多い
  • 購入前に実際の建物や部屋、眺望や日当たりなどが確認できる
  • 実際に住んでいる人ほ意見を聞くことができる
  • 管理状況を把握しやすい
  • 物件を実際にみて契約できる
  • いろんな人の評価を聞きやすい

デメリット

  • 中古である
  • 新築住宅の固定資産税の軽減措置が受けられない
  • 築年数や管理状態によっては躯体構造が劣化している可能性がある
  • 入居してからの耐用年数が新築より短くなる
  • 修繕計画がずさんだと管理組合の運営が破綻している
  • 価格が安くなった分ついつい過度なリフォームをしてしまう

まとめ

以上、新築マンションと中古マンションのメリット、デメリットについて列挙しました。

いかがでしょうか?

せっかく購入するなら「絶対に新築がいい」という方もいらっしゃいますが、上記の通り中古マンションには新築マンションにないメリットがございますのでこれを重視して中古マンションを購入される方も多いです。

特に滋賀県の草津エリアは大変人気があり有料物件が適正な価格で売りに出るとアッと今に売れてしまいます。

あとは中古マンションを検討する時には価格、立地など以外にも以下の点を確認していただくことをおすすめいたします。

修繕計画に無理はないか

→計画に無理があると管理費、修繕積立金を増額しなければならなくなります

売主さんに管理費、修繕積立金の滞納がないか

→もし売主さんに滞納があった場合、その債務は買主が承継します

管理組合が機能しているか

→マンションの所有者は一人ひとりが組合員となりマンションの運営に参加することになります。人任せな区分所有者が多い物件は組合運営が停滞してしまいます。積極的な区分所有者が多い物件のほうが管理組合=建物が活発です。

 

物件の立地、価格などに加えてこれも納得できる物件であれば良いと思います。

以上、マンション購入をお考えのお客様は参考にしていただけると嬉しく思います。

滋賀の中古マンション専門サイトです

地元で20年、滋賀県で中古マンションをお探しでしたら「ハウスセゾン南草津店」にお任せ下さい。 不動産業界経験豊富なスタッフが地元ならではのネットワークを駆使してお客様のご希望に沿う物件をご紹介致します。 また当店ではお客様のご相談に必ず「宅地建物取引士」の有資格者が責任をもって承ります。 物件情報だけでなく購入にかかる様々な法律についても的確なアドバイスができるはずです。